小児神経疾患

小児神経疾患

熱性けいれん

小児神経疾患のなかで最も頻度が高い「熱性けいれん」について、2015年に日本小児神経学会により作成された診療ガイドラインをもとに解説します。
小児神経疾患

環状14番染色体症候群

本記事は、2019年4月に発足した本疾患の患者家族会「かみひこうきの会」のホームページやリーフレットに掲載するためにご依頼頂き執筆した疾患解説に、少々加筆した記事になります。
小児神経疾患

重度障害児の成人期移行

「開業の決意」にも書いたように、てんかんや小児神経疾患の患者様たちの小児期から成人期への移行には多くの課題があり、それを解決する一助となりたい、と思っています。 今回は主に重度の障害を抱える患者様たちの移行の現状について書きたいと思...
タイトルとURLをコピーしました